<アトピー性皮膚炎とは?その概要を知る>


アトピー性皮膚炎とは、良くなったり悪くなったりを慢性的に長期間繰り返す、かゆみのある湿疹を主な症状とする皮膚の疾患です。

皮膚の生理学的異常(皮膚の乾燥とバリア機能異常)があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。

元来アレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く症状が確認されます。

主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、良くなったり悪くなったりを繰り返す再発傾向があり、なかなか治らない慢性的な症状が特徴です

一般的に皮膚科医等では、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断します。

 

<アトピー性皮膚炎の具体的な原因は?>

 

アトピー性皮膚炎が発症する具体的な原因について説明します。

 

上にも書いたように、アトピー性皮膚炎は、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、長期にわたり皮膚の炎症が続きます。

その炎症は、本来は体の外から侵入してきた敵と戦って退治する免疫反応によって起こるもので、細菌やウイルスなどから身を守るために必須のものです。

 

しかし、アトピー性皮膚炎ではこの免疫が過剰に反応し、本来退治する必要のないものに対しても不必要に炎症が起きてしまうことが病気の根本にあります。

 

免疫が過剰に反応する理由としては、もともとのアレルギーを起こしやすい体質(アトピー素因)があることや、皮膚のバリア機能低下が大きく関係しています。

 

アトピー素因については後述しますので、ここでは皮膚のバリア機能について説明します。

 

皮膚において、表面の皮脂膜やその下の角質細胞、角質細胞間脂質などがバリアの役割(バリア機能)を担っています。

このバリア機能によって外からの物質の侵入や水分の蒸発による皮膚の乾燥を防いでいる訳です。

アトピー性皮膚炎では、これらの皮膚のバリア機能が弱まっているため、外からの異物が容易に皮膚の中まで入りこみやすい状態になっています。もともとの体質もありますが、皮膚を引っかいたりこすったりといった物理的な刺激や、汗、石鹸、化粧品、紫外線などによっても低下することがあります。

 

他にも、長期間皮膚に加わる強い刺激やストレス、疲労なども免疫を不安定にしてアトピー性皮膚炎を悪化させることがあります。

 

<アレルギーを起こしやすい体質=アトピー素因とは?>


両親がアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどを持っている場合、その体質を受け継いでアレルギーを起こしやすくなることがあります。

また、当人がそういったアレルギー関係の病気を患ったことがある場合も、アレルギーを起こしやすい体質と考えられます。

このような体質のことをアトピー素因と呼びます。

 

<アトピー性皮膚炎の治療はどのように行う?>

 

アトピー性皮膚炎は、皮膚の症状で軽微、軽症、中等症、重症の4段階に分けられ、それぞれの段階で治療法が変わります。

症状が改善したら一段階軽いステージの治療に変更し、逆に悪化した場合は治療を一段階悪いステージのものに変更します。

これを繰り返して症状を安定させます。

最終的には保湿剤だけで日常生活に支障がない程度まで安定させることを目標にします。

もともとのアレルギー体質を完全に消し去ることは不可能ですから、ステロイド外用薬等が必要ない、保湿剤のみで日常生活を送れるような程度を目指すのが基本的な治療姿勢です。

 

アトピー性皮膚炎の治療には主に3種類の薬剤と、継続的なスキンケアが用いられます。

 

【薬剤】

1.ステロイド外用薬

アトピー性皮膚炎の炎症を充分に鎮静することができ、その有効性と安全性が科学的に立証されている薬剤です。皮膚の症状に応じて、ステロイドの強さ(5段階)を調整します。ステロイド外用薬には、免疫反応を抑える働きがあります。

 

2.免疫抑制外用薬

免疫反応を抑える働きがあります。ステロイド外用薬を長期間使い続けることによる副作用が不安な場合や、ステロイド外用薬で効果が不十分と感じる場合、またステロイド外用薬である程度炎症が落ち着いた場合などに使われます。炎症を抑える強さは、ステロイド外用薬のミディアム~ストロング(5段階中の2~3)に相当します。

 

3.抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬

かゆみの症状を止めるための対症療法的な薬で、症状の程度に応じて処方されます。

 

【継続的なスキンケア】

最重要なのは保湿で、それに付随して皮膚を清潔に保つことが求められます。

保湿には保湿剤を使うこともありますが、室内の湿度管理なども必要です。

また皮膚を清潔に保つためには入浴時の洗浄が必要ですが、アトピー性皮膚炎の場合、洗剤の成分・高温のシャワーなども皮膚を刺激する要因となるので、留意が必要です。

 

<アトピー性皮膚炎に関するまとめ>

 

アトピー性皮膚炎においては、その症状や、治療に使用されるステロイド外用薬など薬剤において、様々な情報が錯綜していた時期がかつてあったそうです。結果的に、それによって治療が遅れてしまった方もいると聞きます。

現代では、ステロイド外用薬の安全性を含め、治療の方針や方法がしっかりと体系的に定められているため、適切な治療を行えば症状は改善します。

もちろん、治療がある程度長期に渡るのは事実なので、医療機関のアドバイスを元に、根気よく処置を続けていくことが欠かせないでしょう。