糖尿病は恐ろしい病気。

あなたは、糖尿病にどんなイメージをもっていますか?

「食事制限をしないといけない!」「一生、インシュリンを打たなければならない」「人工透析が必要になるかも」など様々のイメージを持っておられると思います。
一方で、別に自覚症状がないからって理由で治療せず、ほうっている人も少なくありません。
糖尿病は、糖尿病とその予備軍を合わせ、日本には、2000万人を超え、40歳以上で8人に1人と言われています。

70歳以上では、4割以上が糖代謝異常です。おおざっぱにいえば2人に1人ぐらいです。
まさに国民病です。

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病とは、インスリンの作用不足によって、血糖値の高い病態が続く病気です
インスリンは、すい臓から分泌されるホルモンで、体内で唯一、血糖値をさげる働きをもっています。

糖尿病が恐ろしい病気な理由とは

糖尿病が、怖いのは、危急もしくは、数年して、満載の合併症を併発することです。
日本では、死因の60%は、糖尿病をはじめとする生活習慣病が関わっているといわれています。

数ある合併症の中でも、とりあけ命に危険を及ぼす合併症は、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞などの血管破綻です。
糖尿病を発症し、血糖値が高くなると、それだけで動脈硬化の危険もあがります。

にもかかわらず、糖尿病の患者さんのうちきちんと治療を受けている人は、6割程度だと言われます。
さらに治療を続けている人は半分ぐらいだそうです。

それはなぜか?


糖尿病症状について

じつは、糖尿病は、初期の段階では、自覚症状がありません、病気が進行するにつれて
自覚症状が現れてきます。
初期の段階では自覚症状がないので、べつに病気じゃないと考え 忙しいから検査を受ける時間がないなど
そのままほうっておくこと人がいます。
それが糖尿病の悪化させる、落とし穴であることを知っていてください。
病気が進行するといかのような自覚症状があります。

糖尿病の自覚症状


□のどの渇く
□尿が多い
□体がだるく疲れやすい

などの症状は、現れます。

糖尿病を発病さえる誘因について

糖尿病は、多くの場合は生まれつきの遺伝的な素因がおおき病気だと考えられてます。

①肥満
もっと多い誘因、肥満になると体脂肪が増え、脂肪細胞から分泌により
インスリンの働きが低下し、膵臓からのインスリン分泌がおおくなり
膵臓が疲弊しインスリンを分泌しなくなります。

②過食
過食によって血液中のブドウ糖が急激に増えると、膵臓は、インスリンを懸命に分泌しますが、高血糖状態がづつくと、膵臓のβ細胞が壊れ
インスリン分泌能力が低下します

③ストレス
ストレスをうけるとインスリンと対立するホルモンが分泌され血糖値の上昇をもたらし、糖尿病の発症を促します。

④妊娠
妊娠中は胎盤から分泌すされるホルモンがインスリンの働きを妨げるために、糖尿病を起こしやすくします。
出産すると健康体に戻ることあります

⑤加齢
加齢につれ、体内での糖質の利用が悪くなるともに、細胞が投下して膵臓の働きが
よわり、血糖値、特に食後血糖値が下がりにくくなります。

糖尿病には、おおきく分けると1型と2型に分かれます。
日本人の95%はこの2型にあたります。

1型糖尿病とは

インスリンの分泌が欠乏して絶対量が不足している状態をいいます。
10歳から20歳までの若い方に多いので若年性糖尿病ともいわれます。

2型糖尿病とは

日本では糖尿病の患者さんのほとんどが2型糖尿病になります
遺伝子的要因に加え生活習慣の乱れでおこる。
自覚症状は少ない。
進行すると口渇、多飲、多尿、体重減少、疲れやすさ、だるさ、
合併症による目のかすみ、手足のしびれなどがおこる

早期発見によって予防できる

もし、健康診断で血糖値が高いと指摘された場合、医療機関で糖尿病を発症していないかどうか、できるだけ、詳しく審査を受ける必要があります。
治療せずにほうっておくと、命にかかる思い合併症を引き起こすことになるかもしれません。
検査によって糖尿病を発症していることがわかっても、心配する必要はありません、
早期発見に適切な知慮をすれば多くの場合は、合併症を予防することができます。
つまり、早めに、詳しく検査を受けるとこが大切です。

自己チェック最近こんな症状ありませんか?

✅体がだるかどうか? それはいつからですか?
✅体重の減少があるありますか?
✅のどの渇きがあるかどうか
✅足がつったりしますか?それはいつからですか・
✅目が見えにくくなった
✅精力減退があるかどうか
✅便利あるかどうか
✅下痢があるかどうか
✅立ち眩みがあるかどうか
✅手足の冷えがあるかどうか
✅手足に痛みがあるかどうか
✅手足にしべれがあるかどうか
✅足にむくみがあるかどうか?
✅尿が多いかどうかその回数は?
✅足がつるかどうか?その回数は・
✅家族に糖尿病の人がいる

次へ糖尿病の合併症とは

※この記事の内容は効果効能を100%を保証するものではありませんのでご了承ください。