一言に頭痛といってもさまざまな症状は、いろいろです。
頭痛は日常よく起こる症状で、発熱にともなったりストレスで起こったりします。
一般に、頭痛は器質的な頭痛と機機能的な頭痛に分けれます。

器質的な頭痛には、脳腫瘍やくも膜下出血、脳出血、髄膜炎などがあります。
機能的頭痛には、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などの慢性頭痛、また脳に異常がみられない
心因性・神経性の頭痛など

片頭痛症状

頭の片側、または両側にズキンズキンと強い拍動があり、歩くだけでも頭に響て痛み
寝込むことが多く生活に差し支える頭痛です。

頭痛発作は月1~2回から週1回程度の割合で、繰り返し起こります。
頭痛前に視界に閃光が現れたり、手足がしびれるなどの前兆が見られることもあります

片頭痛の原因

片頭痛の原因は脳の血管の一部が収縮して血液の流れが悪くなり、その反動で急に血管が拡張すると
血管の周りにある神経が圧迫され、刺激されておきます。
こうした血管の動きは疲労や不眠ストレスによって誘発されます。

片頭痛の治療方法

頭痛の発作が始まり、頭痛が起きた場合できるだけ安静にすることですが
痛みが強い場合は、トリプタン系の薬が有効です。

片頭痛の予防対策

片頭痛は精神的な要素もあって出現する病気だとする考えもあります。
ストレスをためずできるだけ開放的で体裁ぶらない生活することが発作を減らす
方法の一つです。


緊張型頭痛の症状

こめかみから頭のまわりがしめつけられるような痛みが症状の中心です。
夕方になると痛みが強くなる傾向があります。
比較的長くつづきます。(1~2週間)
片頭痛ほどではありませんが 吐き気なども伴うことがあります。

緊張型頭痛の原因

長時間、同じ姿勢を続けたままの長時間労働や眼精疲労があると頭痛が起こりやすくなりますが
最大の原因は、精神的なストレスと言われています。

頭や首の筋肉の緊張が長く続くと血流がわるくなってコリが起こり頭痛を誘導します。

緊張型頭痛の治療

薬による治療が一般的です。
鎮痛薬より筋弛緩薬や精神的な緊張を和らげる抗不安薬の服用が有効。

緊張型頭痛の予防対策

長時間同じ姿勢で仕事したり目を酷使したりする作業をできるだけ
退け、休養や睡眠を十分とるようにするなど、生活習慣を改善することが大切です。

群発頭痛の症状

季節の変わり目などに頭痛が始まりいちど起こると2週間から2か月近く毎日
続きこの期間を群発期と呼びます。

そしてある日突然ぴったとやみ、しばらく時間をおいてぶり返します。
目の奥のあたりに激痛が起こり、目の充血、涙や鼻水が止まらないなどの症状を伴う頭痛です。
20~50歳代で男性に多いことも特徴の一つです。

群発頭痛の原因

ストレス、過労、飲酒が引き金になることがことがおおい。
男性の発症が女性の3~4倍といわれいます。
とりわけヘビースモーカーや飲酒者によくみられます。

群発頭痛の治療

鎮痛薬は効果がないので片頭痛と同じくトリプタン系製剤注射します。