スポンサーリンク

女性に多くみられる甲状腺の病気、バセドウ病の症状や治療方法を解説!

 【バセドウ病とは?その概要を知る】

バセドウ病は体内の甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、甲状腺機能が亢進する病気です。
厳密には違いがあるのですが、甲状腺機能が亢進している状態の疾患を指す「甲状腺機能亢進症」という病名で称される場合もあります。

バセドウ病によって体内の甲状腺ホルモンが過剰分泌された結果として、甲状腺機能亢進症になるというのが正確な表現かもしれませんが、症状としては同じです。

バセドウ病では体内で特殊な抗体が作られることによって、過剰に甲状腺ホルモンを分泌させてしまいます。
バセドウ病は男性より女性に多く発症する病気です。

 【バセドウ病の発症メカニズムは?】

バセドウ病は甲状腺に関係する病気です。

甲状腺は首の前側、喉仏のすぐ下にある臓器で、食物に含まれるヨウ素を材料にし甲状腺ホルモンを作り、血液中に分泌する働きをしています。

この甲状腺ホルモンは、身体全身の新陳代謝を活発にするホルモンで、ほとんど全身の器官に関係していると言っても過言ではありません。


新陳代謝が活発なことは良いことのように思えるかもしれませんが、活発すぎるのも問題があります。

上に書いたように、甲状腺ホルモンは全身の器官に関係しているホルモンであるため、バセドウ病によってその甲状腺ホルモンに関して異常が発生すると、その様々な症状が全身に現れます。

甲状腺ホルモンは、「甲状腺刺激ホルモン(TSH)」が甲状腺にある受容体(TSH受容体)にはまることで分泌されます。

バセドウ病に羅患すると、この受容体にぴったりはまる抗体(TSH受容体抗体)が作られてしまい、必要以上に体内に甲状腺ホルモンを分泌させてしまう結果となります。

この過剰な甲状腺ホルモンの分泌が、バセドウ病の様々な症状の直接的な原因と言えます。

 

【バセドウ病の具体的な症状は?】

過剰に甲状腺ホルモンが分泌された状態、つまり甲状腺機能亢進症の状態では、下記のような症状が身体の全身に顕れます。

・疲れやすさ、だるさがある

・異常に発汗する

・暑がりである

・脈拍数が多く、動悸がする

・手足のふるえ

・口が渇く

・眠れない

・微熱が続く

・息切れがする

・髪の毛が抜ける

・排便の回数が増える

症状はこの限りではないですが、これらの症状が複合的に全身に顕れた場合には、バセドウ病の可能性が高くなります。

これとは別に、バセドウ病の代表的な症状として、眼球が飛び出てくると言った症状があり、「バセドウ病悪性眼球突出症」と呼ばれる場合があります。

またバセドウ病の症状とは逆に、甲状腺ホルモンが異常に不足し甲状腺の機能が低下する病気に「橋本病」がありますが、この場合も眼球に異常が顕れるので、甲状腺異常による眼球の病気を「甲状腺眼症」と総称しています。

 

【バセドウ病の診断方法は?】

バセドウ病は上記のような諸症状が顕れた場合に、血液検査によって特定の数値を調べることによって診断が可能です。

1.甲状腺刺激ホルモン(TSH)の量

バセドウ病によって甲状腺ホルモンが過剰に分泌されていると、これ以上甲状腺を刺激する必要がないため、血液中の甲状腺刺激ホルモン(TSH)は測定できないほど少なくなります。

2.甲状腺ホルモンの量

バセドウ病患者の血液中は、甲状腺ホルモンが非常に多い状態となっています。

3.抗体の有無

バセドウ病のメカニズムとして、抗体(TSH受容体抗体)がつくられるということを書きましたが、この抗体はバセドウ病患者以外の人の血液中にはありません。血液検査でこの抗体が確認された場合は、バセドウ病に羅患していると言えます。

 

【バセドウ病の治療はどのように行う?】

バセドウ病の治療には、主に3つの方法があります。

1.投薬療法

甲状腺ホルモンの合成を抑える「抗甲状腺剤」を使います。
薬を飲んで徐々に抗体が体内から消えれば、服用をやめることができます。
甲状腺の機能を正常化するため、治療によって甲状腺機能低下症に陥ったとしても、そのカバーが可能というメリットがありますが、副作用や長期の治療になる点がデメリットと言えるでしょう。

2.放射性ヨウ素内用療法

ヨウ素―131というアイソトープ(放射性物質)を飲むと、甲状腺の細胞を壊すことができ、投薬療法のデメリットである副作用や治療の長期化がありません。
ただ、治療可能な医療機関が少ないことと、結果として甲状腺機能低下症に陥ってしまいやすいというデメリットはあります。

3.手術療法

甲状腺を手術で切除し、作られる甲状腺ホルモンの量を減らします。
再発のリスクをかなり抑えることが可能ですが、甲状腺手術を行っている医療機関の数は多くありません。

 

症状の程度や患者の身体の状態を勘案し、以上のどれかから治療法を選択します。

 

【バセドウ病に関するまとめ】

甲状腺の働きは我々の新陳代謝、そして身体の全身に関係する重要なものですが、それだけにバセドウ病のような疾患にかかると、身体の全身に症状が現れます。

原因やメカニズムがはっきりしており、血液検査によって症状の診断も確実に行なえるため、上に挙げた症状に複数当てはまると感じた場合は、速やかに医療機関を受診することを勧めます。

スポンサーリンク

※この記事の内容は効果効能を100%を保証するものではありませんのでご了承ください。